トップ > サービス案内 > グループホーム
グループホームについて

グループホームとは 特別養護老人ホーム
認知症の方が、少人数(1ユニット9人)の住居において、買い物や、食事の準備、掃除、洗濯、散歩などの日常生活を職員とともに過ごします。また、リビングで、他の入居者と会話を楽しみながら、安心して生活をすることにより精神面の安定や認知症の進行を穏やかにし、生活の質の向上を目指します。

グループホーム「小菊の家」

入所申し込みができる方
介護度の認定を受けていて、認知症があり、共同生活ができる方

サービスの内容
共同生活介護プランの作成
利用者の心身の状況、利用者・家族希望、家族等介護者の状況を十分に把握のうえ、援助目標を明らかにし、その目標を達成するための介護プランを作成し、介護プランにもとづき利用者を支援します。
居住環境
全て居室は個室でエアコン完備です。利用前の生活習慣に合わせ、ベッドまたは、布団を使用します。原則としてベッド、布団は個人の持ち込みとなります。
入浴
週2回入浴できます。車椅子の利用者にも入浴できる設備があります。職員が必要な介助をします。
健康管理
ホームは、医療施設ではありませんが、家庭における健康管理程度の血圧・検温などの健康チェックを行います。通院が必要な場合は、家族の方にお願いします。なお、緊急時の対応が円滑にできるよう協力医療機関を置いています。
生活相談
利用者及び家族からの相談事については、誠意を持って対応します。利用者の状況については、家族の面会時、その他必要に応じて電話等で報告します。
行政手続代行
行政機関への手続きは家族等にしていただきます。ただし、利用者・家族の状況によって困難な場合はホームにご相談ください。
食事
栄養バランスに配慮したバラエティに富んだ食事を利用者の持つ能力を生かしながら職員とともに調理していただきます。
排泄
利用者の状況に応じて介助を行います。
生活介護
寝たきり防止のため、できる限り離床に配慮します。
個人としての尊厳に配慮し、適切な整容が行えるよう援助します。
寝具については、清潔を保てるよう援助します。
機能訓練・生活リハビリ
利用者の状況に応じた機能訓練を行い、身体機能の低下を防止するように努めます。また、利用者の好みに応じて手芸、野菜・花づくりなどの生活リハビリを取り入れて心理的機能の低下を防止するよう努めます。
レクリエーション
ホームでの生活を楽しく実りあるものにするため、利用者の好みに応じ、書道、絵手紙、映画界、カラオケ、季節行事などのレクリエーションを企画実施します。
所持品
家庭で使用していたタンスなど居室に持ち込み可能なものを持ち込むことは可能です。
金銭の管理
財産等は、家族で管理していだきます。ただし、利用者・家族の状況によって困難な場合はホームにご相談ください。

相談窓口
相談受付時間 午前9時〜午後5時
連絡先 施設名 電話番号
グループ—ホーム小菊の家 03−5980−0866

入所お申し込みについて

利用料金表
 グループホーム「小菊の家」 (PDF91KB)